一日に抜ける毛の量はどのくらい?こんな抜け毛は要注意!

1日に抜ける毛の量はどのくらいならふつーなのか?

こんな抜け毛を見つけたら要注意!?

危ないなと思ったら早目に対策しましょう。

スポンサードリンク



全身には約150万から200万本の毛が生えています。

しかし、これは目で見える皮膚上に生えている毛の量で、実際には500万もの毛穴があり皮膚内の毛根部には活動を休めていたり、埋もれていたりする毛があるんです。

 

多いか少ないかはともかく、そのうち約10万本は髪の毛が占めています。

個人的にはそんなにあるの!?

って感じですが元々髪が少なくて細いとボリューム感を感じないってところでしょうかね{(‐_-)}

髪の毛の画像

1日に抜ける毛の量は?髪の毛はいつでも抜け落ちる

その時々によって多い日も少ない日もありますが、髪の毛というのは1日に約100本抜けるといいます。

大体1㎝四方に100~150本の髪の毛が生えているので、そのくらい抜けるという訳です。

 

毎日なんてそんなに抜けてる感じはしないですけどね。

でも、週末部屋の掃除をしようとするとけっこう髪の毛って多いんですよね!

ブラシとか排水溝とか「うぇっ」って感じ。

 

寝起きの枕元、ヘアセット、通勤通学時、学校や勤務先、デートや飲み会からの帰宅時。そしてシャンプー。

気付かないうちに髪の毛は普通にポロポロ抜けているようです。

 

とはいえ、改めて100本の毛を束にするとけっこうゾッとする量ですけどね(焦)

 

髪の毛や体毛には毛周期といういくつかのサイクルがあります。

て自然に抜け落ちる毛が出てくるのですが、抜けた毛の隣や周辺の毛穴からはそれぞれ違うサイクル期間なので1部分がまとまって抜ける訳ではありません。

 

それと全体的には10万本ある訳ですからね(^^;)

そんなわけで、1日に抜ける毛の量が100本くらいあってもほとんど目立たないのです。

毛が抜けるまでの活動サイクル

髪のサイクル

毛というのは毛根部により作られ、成長し寿命を迎えて抜け落ちるというサイクルを繰り返しています。

自然に抜ける毛というのは、その毛根部の活動が終わりを迎えた状態という事です。

◆成長期[数年:男性で3~5年/女性で4~6年]

毛母細胞の活動が一番活発な期間で、髪が太く丈夫な状態。

髪を支える毛根鞘の支えも強く、髪が抜けにくい。

男性と女性で違いがあり、特に妊娠期間は成長期の期間が長くなります。

ちなみに産後にサイクルが戻りまとめて抜けるという分娩後脱毛(ぶんべんごだつもう)になる事があります。

(髪全体での割合は80~90%)

◆退行期[約2週間]

長く活発な成長期の活動が徐々に治まり、毛母細胞の活動も終わりを迎える状態です。

(髪全体での割合は8~9%)

◆休止期[約3ヵ月]

生まれてから数年かけて活動していた毛根部分の活動が完全に停止した状態。

毛母細胞も丸く小さくなり伸びきった髪の毛と毛球部分も分裂します。

(髪全体での割合は1~2%)

◆発生期[成長期初期段階]

休止期に入っていた毛母細胞が活動を始め新しい髪の毛が作られる状態。

 

というのが髪のサイクルです。

自然に抜ける毛はこの休止期の状態です。

髪を支えている毛根鞘もなくなるので軽く引っ張ったり、シャンプー時などに簡単に抜けてしまうのです。

というか何もしなくても毎日100本抜けてるんですけど(^^)

毛根鞘や危険な髪の毛についてはこちら^^→ 毛根って何?透明でゼリー状の塊とは?

こんな抜け毛は要注意!?

抜け毛イラスト

いわゆるハゲになるまでには明日から急に抜けた毛が生えてこなくなるという訳ではありません。

髪のサイクルが崩れ、徐々に髪が細くなり産毛になり、そして毛根部の活動が完全に停止すると地肌が目立つようになってくるのです。

数年ある成長期の期間が2年、1年と徐々にサイクルが短くなり成長しきる前に休止期を迎えて抜け落ちてしまうのです!

 

そんな毛は

●細い

●短い

●太かったり短かったりいびつ

●髪の根元が切れている

というように、サイクルが崩れ毛根の活動が弱まり、正常に働かなくなるのです。

 

髪の毛全体で約20%が軟毛化していると抜け毛が進行しているといいます。

確認するのは難しいですが(^^;)

普段から気にしているあなたならどんな状態か気付いているはずですよね。

 スポンサードリンク



日本人の毛の特徴

日本人は10万本といわれている髪の毛の量。

ですが、これには個人差があり少ない人では5~6万本、多い人では14~15万本が生えています。

平均は10万ほどですからその差は1人分の量くらい開きがありますね!

 

さらに髪の太さにも違いがあり、日本人の平均は0.08㎜だそうです。

細い毛は0.05㎜、太い毛は0.15㎜ほどあるので量が少なくて細い人と、量が多くて太い人ではずいぶん見た目でも違いがあると思います(泣)

ちなみに0.06㎜以下の細い髪は猫っ毛といわれています。

 

日本人は黒髪が特徴的です。

皮膚にとって有害な紫外線から保護するためメラニン色素が多いということですね。

とは言っても黒髪というのは見た目で目立つ色ですよね。

ブロンド系なら地肌が多少ボカされますが黒髪では地肌が薄いと目立ってしまいます(焦)

とはいえ、欧米人でも完璧な金髪と言うのは稀で世界でも数%ほどで、日本人のようにカラーリングしている人が多いんです。

 

薄毛を少しでもボカすためにカラーリングしたいところですが、いい歳して染めるのも世間体あるし、何より髪が傷んでしまうのでそんな事は出来ません!

やっぱり薄毛にはしっかり対策するべきですね♪

 

近頃の欧米化で、アジアでは日本人の薄毛率が高まっているようですが、まだまだ欧米人に比べれば髪が丈夫で太いという部類のようですね。

 

 ブロンド系の欧米人では髪の細い猫っ毛の割合が多いんですが髪の量は多く、メラニン色素が少なく紫外線に弱いという特徴があります。

 まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は1日に抜ける毛の量や危険な抜け毛、日本人の髪の特徴などまとめてみました^^

あなたは1日何本くらい抜けますか?また、抜けた毛はしっかり成長出来ていますか?

食生活や睡眠、ストレスも髪のサイクルを乱す原因です。

生活習慣のバランスも少しでも改善していきましょう。

ありがとうございましたm(__)m

スポンサードリンク