筋肉が増えるとジヒドロテストステロン(DHT)も増えるの?DHTとテストステロンの関係

たくましい体を作りたい!

でも筋肉が増えるとジヒドロテストステロン(DHT)も増えてしまうのか?

男性的な特徴を生成するテストステロン!

引き換えに抜け毛を促してしまうジヒドロテストステロン(DHT)の関係とは!

スポンサードリンク



アンドロゲンの種類

アンドロゲンとはいわゆる男性ホルモンの総称で3種類あり、主に男性的な体格や体毛、性機能を促す働きをしています。

アンドロゲンの約95%が精巣で作られるテストステロンで占められています。

残りの5%はデヒドロエピアンドロステロン(DHEA)アンドロステンジオンで腎臓の上部にある副腎で作られています。

そしてジヒドロテストステロン(DHT)があり、AGAの原因を作るといわれるホルモンがあります。

DHT筋肉アイキャッチ

 

テストステロンの役割

アンドロゲンの約95%を占めるテストステロン。DHEAは若返りホルモンとして有名ですが、テストステロンに変換される役割があります。

DHTもテストステロンから変化するホルモンなので、基本的にアンドロゲンとはテストステロンといっても過言ではありませんね(^^;)

テストステロンの役割とは

・筋肉や骨を形成する

・性機能を形成する

・性欲の促進する

・性毛(陰毛、わき毛、胸毛など)や体毛の発達を促す

・気分を高揚させ、鬱を抑える

・闘争心や冒険心など男性的思考の発達

・判断力や決断力を高める

・アレルギーなどの免疫力を高める

・体内脂肪を抑制する

などなどっ!

このようにテストステロンは外観や内面においても男性的な特徴を促進する重要な働きを担っています。

個人差がありますが、30歳を過ぎたあたりからテストステロンは減少する傾向にあります。

その減少率は年に約1~2%!

70代では80%も低下する人もあるようです。

テストステロンは年齢で減っていく!一日の分泌量

働き盛りの男性にとってはかなり致命的ですね。

テストステロンの減少は男性にとって男らしい肉体を保つためにはなんとしても避けたいところです。

スポンサードリンク



ジヒドロテストステロン(DHT)の役割

ジヒドロテストステロン(DHT)はテストステロンが酵素である5αリダクターゼと結びつくことで変化したホルモンです。

特に胎児時の期間6週目~24週目の間に大量に分泌され性機能の形成を促進し男子としての形を作ります。

また、テストステロンが不足するとDHTに変化するようになり、その不足を補う働きもあります。

テストステロンに比べDHTは、アンドロゲン受容体との結合力が非常に高くなり約10倍といわれてる強力なホルモンです。

ご存知のように、男性型脱毛症AGAはこのDHTが毛乳頭内にあるアンドロゲン受容体と結合し、髪のサイクルを乱し髪の生成を阻害するのが原因です。

さらにヒゲや体毛などいわゆる性毛に関しては濃くする働きがあるようです。体毛は濃くして毛髪は薄くするというなんとも迷惑な話です…。

筋肉とDHTの関係

男性ホルモン、ムキ向き黒人

体を鍛え、筋肉を作るにはテストステロンが重要です。

運動や筋トレをするとテストステロンが分泌されます。

血中のテストステロンが筋肉の生成に働きかけ、DHTの変換を抑えます。

 

また、30歳頃からテストステロンの分泌量は減少する傾向があり、DHTが増加するようです。

歳を重ねると細胞の働きも衰え、髪や筋肉を生成する活動も低下していきます。

薄毛が始まるのはそんな要因が重なってくるようです。

 

さらにテストステロンの減少にはストレスの影響も大きく、強いストレスを受け続けると副腎からコルチゾールというホルモンが分泌されます。

コルチゾールが分泌されるとテストステロンの分泌が低下します。

 

そしてストレスは、自律神経の交感神経を刺激するので睡眠やリラックスした状態に必要な副交感神経に切り替わらなくなり睡眠不足になりがちです。

夜間、特に睡眠中はもっともテストステロンが分泌される時間帯なので、睡眠不足は当然テストステロンの減少につながります。

一日の睡眠時間を5時間にし、1週間続けるとテストステロンの分泌は10~15%低下するという実験結果があるようです。

 

さらに!2日間徹夜をつづけるとテストステロンの分泌が止まってしまうといわれています。

このような流れでいうと、テストステロンが消費され不足するとDHTが活性化されますが、増加する分には抑制される傾向があります。

DHTを抑えるにはむしろテストステロンを増やすことがいいという結論です(^^)

 

運動や筋トレでテストステロンを分泌し、筋肉や活力を増やせば男らしい体格になりますし、DHTの抑制につながります。

さらに運動によりセロトニンも分泌されますので、気分もリフレッシュされストレスも和らぐ効果もあります。

AGAは遺伝の影響が強い

ハゲの遺伝子

男性型脱毛症の薄毛が発症する原因としては、その影響を受けやすい体質にあるようです。

その体質とは主にジヒドロテストステロン(DHT)とアンドロゲン受容体の結合力と5αリダクターゼの量や活性度があるようです。

 

性別を決める染色体には父方のXYと母方XXがありますが、DHTと受容体の結合力の高い体質はXに存在し母方から受け継がれます。

なので母方の親族に薄毛の人がいる場合は受け継がれている可能性があります。

 

そしてもう一つの原因5αリダクターゼの活性度の高さ、DHTを作り易い体質はどちらからも受け継がれる可能性があるようです。

この場合はやはり父親やその親族に薄毛の人がいる場合は要注意ということです。

 

母方の親族が薄毛の場合にその遺伝子を受け継ぐ確率は20%といわれています。

父親の親族が薄毛の場合にその遺伝子を受け継ぐ確率は50%といわれています。

そして両方に薄毛の遺伝子がある場合、それを受け継ぐ確率はなんと80%もあるようです!!

 

父親や母方の親族の方がいつ頃から薄毛になったのかは重要ですので、その時期が若い場合は早目の予防が大事です!

僕の父親は20代の後半頃から薄毛になり始めたようですが、母方の親族に薄毛の人はいないようです。

僕自身は40歳手前になりますが髪は細いながらなんとか地毛で頑張っているので、両方からの影響には若干の時差(笑)もあるのでしょうか(^^;)

ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制するには?

AGAが発症する前に早目の予防や治療が重要です。AGAを抑えるには5αリダクターゼを活動を減らしジヒドロテストステロン(DHT)への変換を阻害するのが最も効果的です。

それに効く成分はプロペシアに含まれるフィナステリドです。

3年間の実績で98%の人が髪のサイクルが改善し髪にコシが戻った、抜け毛の進行が止まったなどの効果があるようです。

AGAの専門外来の先生も予防でプロペシアを服用しているとのことでした。

 

亜鉛は細胞分裂や細胞の補修などその他様々な働きに関与している成分ですが、毛母細胞の活動や髪の補修などに欠かせない成分です。

また亜鉛も5αリダクターゼの抑制効果があります。

 

過度なストレスやアルコールの過剰摂取などにより亜鉛は消費されますので、十分に摂取しておきたい成分です。

その他大豆製品に多く含まれるイソフラボンや育毛剤や漢方で使用されているノコギリヤシなどもDHTを抑制する効果があるようです。

DHTの抑制に関する記事はこちらでも紹介しております(^^)/↓

DHTは育毛剤で抑制できるの?血行が良くなる育毛剤とは?

DHTを抑制するならこのサプリで!エストロゲンの促進に効果がある成分

まとめ

筋肉を形成し、たくましい体を作ることはテストステロンの分泌が活発になり同時に気分が高揚し、活力が沸き非常にいいことです^^

運動や筋トレ、不規則な生活を改善しテストステロンを分泌させることがジヒドロテストステロン(DHT)の抑制にもつながります。

そしてAGAの原因にはその体質にありますので、その可能性がある体質の方はDHTを抑制する成分を取り入れ、早目の予防が大事です。

スポンサードリンク